【3月1日開催】第3回JCC産学交流セミナー~美容・健康系シーズ発表会~を開催します

2017年02月13日

この度、大学と自治体、ジャパン・コスメティックセンターとの共同で進められた研究成果及び支援大学のシーズ紹介を通じて、さらに広く地域社会、産業界に知っていただき、知財を活用した製品化、実用化など、今後の産学官連携活動の展開と充実を図りたいと考え、下記のとおり研究シーズ発表会を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
 なお、本会終了後、参加者と研究者、JCC職員との交流を図るため、懇親会を予定しております。新たなビジネスチャンスを得る機会に、ぜひご活用ください。

開催概要


【日 時】2017年3月1日(水)11:00~16:30(開場10:30)
【会 場】国民宿舎 虹の松原ホテル 1階レインボーホール
(佐賀県唐津市東唐津4丁目 http://karatsu-niji.jp/)
【参加費】無料(交流会は参加費5,000円)
【定 員】100名(定員に達し次第、締め切らせていただきます。)
【主 催】一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(JCC)

申込方法


【申込方法】参加申込書に、必要事項(氏名、所属、職名、連絡先、E-mail)を明記の上、下記申込先までお送りください。
【申込先】JCC事務局 担当:藤岡
E-mail: info@jcc-k.com 電話: 0955-53-8700 FAX: 0955-72-9203
【申込期限】2017年2月27日(月)〆切

プログラム


9名によるリレープレゼン。各20分発表+5分質疑応答。
※発表の順番は変わる可能性があります。
11:00-

開会

11:05-

「千葉科学大学における化粧品科学コースおよび研究室の創設」
 東京理科大学 理工学部 教授 坂本一民 氏

11:30

「佐賀県唐津・玄海地域農産品の化粧品素材探索を目的とした機能性評価」
 九州大学大学院 農学研究院 准教授 清水邦義 氏

11:55

休憩(1時間5分)

13:00

「化粧品分野への経皮治療システム研究の応用(仮)」
 九州工業大学大学院 情報工学研究院 准教授 引間知広 氏

13:25

「地産ハーブ及び未利用地産資源のコスメ原料素材化研究(仮)」
 佐賀大学 農学部生命機能科学科 教授 林信行 氏

13:50

「唐津市の発酵産品に含まれる美容成分セラミドの含量とその肌細胞への効果の解析」
 佐賀大学 農学部生物環境学科 教授 北垣浩志 氏

14:15

休憩(15分)

14:30

「唐津原産のカンキツ“ゲンコウ”の機能性成分とその利用」
 佐賀大学 農学部応用生物学科 准教授 古藤田信博 氏


14:55

「無人航空機を用いた全島調査~ツバキ油収穫のための資源量把握~」
 千葉大学大学院 園芸研究科 助教 加藤顕 氏

15:20

休憩(15分)

15:35

「超臨界二酸化炭素を用いた九州産植物の有効成分抽出と脳機能評価」
福岡大学 複合材料研究所長 教授 三島健司 氏

16:00

「抗酸化活性を評価できるモニター細胞の創出とその応用」
 佐賀大学 農学部生命機能科学科 講師 辻田忠志 氏

16:25

終了予定

17:00

交流会(会場:虹の松原ホテル3階宴会場) 19:00終了予定


⇒JCC第3回産学交流セミナーリーフレット