【レポート】CITE JAPAN 2017 第8回化粧品産業技術展に出展しました

2017年06月15日

2017年5月31日(水)~6月2日(金)にパシフィコ横浜にて開催されたCITE JAPAN 2017にブース出展しました。

今回は、「Phyto Sagan(フィト サガン)」をコンセプトに、佐賀県内の生産者の顔が見える素材や、玄海町植物栽培研究所、九州産素材を使った植物エキス等を展示し、3日間で累計約700名の来場者にお越しいただきました。

また、技術発表会においても、当会のブース出展に関係する化粧品原料に関する発表が行われました。
【関連技術発表】
①「九州発、世界が認めるEco responsible 植物エキスの提案~JCCとCosmetic Valleyのコラボレーション」
日 時:5月31日(水) 12:05 ~ 12:35
発表者:アルバン・ミュラー・インターナショナル 取締役社長 アルバン・ミュラー氏
    マツモト交商

②「九州産柑橘類に含まれる香成分の化粧品添加物としての脳科学的効果」
 日 時:6月2日(木) 15:05 ~ 15:35
 発表者:福岡大学 複合材料研究所 所長 工学部・化学システム工学科教授 三島健司氏 

※会場の様子は添付写真をご覧ください。